ローズプラネット

音楽会・美術展・個展企画 東京都武蔵野市

今、何のレッスン中?

人生において周りの人々に何を与え、何を得ようとしているのか。

ターミナルケア(終末期医療)のパイオニアで『死ぬ瞬間』を発表したエリザベス・

キューブラー・ロスと、ホスピスケアのスペシャリストであるデーヴィッド・ケスラー

による、「ああ、わたしは生きた!」と実感するためのレッスン本。

愛のレッスン、罪悪感のレッスン、怒りのレッスン、明け渡しのレッスンなど14章に

及ぶ。13章の許しのレッスン…「許すべきだったが、許したくなかった。いまでも許して

いない。許すための努力もしていない。あきらかに、わたしはまだ準備ができていない」。

許すって勇気が必要、そして許すのは相手ではなく自分自身なのだというエリザベスの

洞察には敬意を表するしかない。さあ、何のレッスンから始めますか?

★『ライフ・レッスン』(角川文庫)

エリザベス・キューブラー・ロス&デーヴィッド・ケスラー著

 

Post Navigation