ローズプラネット

音楽会・美術展・個展企画 東京都武蔵野市

閑話休題:48~無茶をするにはわけがある?

★ビタミンCの効果?

お抹茶や煎茶を教える先生たちは長寿で肌のきれいな方が多いのですが、そのわけは?

数年前に94歳で他界した伯母も煎茶と抹茶を教えていました。10歳年下の叔母は10年以上前から

認知症を発症していましたが、伯母は「あの子ったら、若いのにけしからん!」

などと妹が認知症になったことを嘆いていました。

伯母は教えるときにお茶を飲むだけでなく、朝食後、10時、昼食時、3時、アフタヌーンティー、

夕食後などに、抹茶、煎茶・玉露、時にはコーヒー、紅茶とお茶を楽しんでいました。

ビタミンCが体にいいとは聞きますが、元気にひとり暮らしをしていた伯母にとって

お茶を教え、飲むことでビタミンCを補給して脳を活性化させていたのだと思います。

その伯母が『お茶を飲まない、お茶のない生活をしていると無茶をするよ』と言っていたのを

忘れられません。若い頃には「ふーん」という気持ちでしたが今は、「なるほどね」と思います。

時間にも気持ちにも余裕がなくなると、無理・無茶をするのだと…。

手軽なティーパックに頼りがちですが、たまには急須でお煎茶をおいしく淹れてみようと思います。

*************************************************************************************************

Post Navigation