ローズプラネット

音楽会・美術展・個展企画 東京都武蔵野市

Monthly Archives: 9月 2017

You are browsing the site archives by month.

閑話休題:63~18年待っていた! という熱心なファンとの出会い

★『心こめて1 With All My Heart 1』

が宮沢明子にとって18年ぶりの録音だったということはCDにも明記していますが

なんと18年間、新譜情報を音楽雑誌で探し続けていたという方とお会いしました。

宮沢明子のファンで、機会があるたびにリサイタルにも通い、CDも買い求め…

毎月雑誌の新譜情報を見ては「出ていないなぁ」と18年も楽しみにしていたそうです。

そういう方の存在など知らず、私は「最近リサイタルないなぁ、CDも品切れか

廃盤、ベートーヴェンの皇帝を聴きたいのになぁ」などと思っていました。

『願えば叶う!』と強く思っていたおかげか、河口湖のホールでリサイタルを

主催することができ、とうとうCDを録音することにもなりました。

ただただ宮沢明子の演奏を聴きたいからにほかなりませんでした。

『類は友を呼ぶ』とはよく言われますが、CD注文やリサイタルの申し込みなど

連核をいただく方は本当にご縁のある方ばかりです。

閑話休題62でご紹介した『匠のサウンド百景』の記事のことを知らせてくださった方も

面識はないのにいつも雑誌やWEBで宮沢明子の紹介記事があると、知らせて

くださいます。熱心なファンの方に支えられてCDの売り上げも

少しずつ伸びています。みなさまの想いは「第3弾は出ないの? いつ出るの?…」

私も「いつかきっと…」と思っていますので、きっといつか実現するはずです。

なぜなら『願いはかなう!』ことになっていますから。

みなさんもご自分のしたいこと、こうあってほしいことを強く強く

願ってみてくださいね。きっとその願いはかないますよ!

**********************************************************************************

閑話休題:62~「匠のサウンド百景」に『心こめて1』の紹介

★WEB『AV WATCH』の「匠のサウンド百景」

『オーディオ機器として“音楽が楽しめるかどうか”をチェックする3曲』と題して、

D+Mシニアサウンドマネジャーの澤田龍一氏が宮沢明子のCD『心こめて1

With All My Heart1』を紹介してくださいました。

河口湖の小さなホールで宮沢明子のリサイタルを2009年から開催、2012年に

初めて記録のみ(販売なし)の録音が可能になり、どこに(誰に)録音を頼めば

いいのか迷っていたときに、探し当てたのがN&F(エンジニア・福井末憲氏、

プロデューサー・西脇義訓氏)でした。そして翌年の2013年、武蔵野

市民文化会館小ホールでの演奏会の後、「彼らとなら録音する!」と。

ピアニスト、ピアノ・調律師・録音担当、ホール…ご縁と相性のよさとが重なり

耳の肥えた音楽ファンから絶賛されるCDとなりました。

2015年にはイタリア古典曲(チマローザ、スカルラッティ、ガルッピ)を収録した

『With All My Heart 2』を発売、こちらも好評を得ています。

実験録音を経て18年ぶりのCD販売に至るまでのことをいつかお話しできれば…

と思っています。

匠のサウンド百景:http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/takumi100/

*********************************************************************************

 

 

 

 

 

閑話休題:61~パワーストーンの効果? それとも…

★セブンスターではなく、スーパーセブン(セイクリッドセブン)?

10年以上前に友人に教えてもらって買ったものの、あまり出番のなかった石。

丸い原石のまま小さな袋に入れて持ち歩いていましたが、ある時、「えっ!」と

思うような効果が。友人が民間療法のサロンを開いていて、その施術を受けていた

ときに、あるスタッフからヒドイことを言われ…サロン経営者がオロオロするなか

言ってる本人は全然悪びれた様子もなく、ずーっと話し続けていました。

聞かされている私は、『はぁ? 何それ』と思ったものの聞き流していました。

体調を整えようと時間とお金をかけているのに、コレはいったいどういうこと?

と思いはしましたが、激高することもなくやり過ごすことができました。

それまでの私なら、きっと食ってかかっていたと思うのですが…、まぁ感覚の相違、

人間性の差? と思えばいいか、聞いてしまったことをなかったことにすることは

できないし、消しゴムで消すこともできないし。不思議なくらいに冷静でした。

あとでパワーストーンのことを思い出し、思わず、『持っててよかった!』

何かもっとすごいパワーを得るということではなく、日常生活を穏やかに過ごせる…

こんな普通の心に整えてくれるパワー?に、もっとこの石を大事にしようと

ペンダントのヘッドとして使えるようにしました。つけているときはもちろんですが

ケースに入っているときにも、護られているように感じています。

「思えばかなう!」現実を作り出すのは自分と思い、正しく楽しい願い方を

あれこれ実践中です。パワーがあるかないか、ではなく自分を高めていくのは

自分自身、すべてのことは自分に味方してくれていると思うと心強いです。

*********************************************************************************************

武蔵野市国際オルガンコンクール 2017年9月9日~

★国際オルガンコンクール

4年に一度、開催される武蔵野市国際オルガンコンクールのお知らせです。

*1次予選:9月9日(土)・10日(日)ともに17時~

*2次予選:9月13日(水)・14日(木)ともに17時~

1次・2次予選ともに全席自由・2日間有効 一般¥1000(友の会¥900)

*本選:9月17日(日)13時~ 全席自由 一般¥2500(友の会¥2000)

*入賞者披露演奏会:9月18日(月・祝)14時~ 一般¥2000(友の会¥1800)

★武蔵野市民文化会館 小ホール

★1次予選では難関オーディションを突破した精鋭15名が世界の頂点を目指して

演奏します。普段あまり聴く機会のないパイプオルガンの演奏を

ぜひ聴いてみたいものです。

*チケット発売・お問い合わせは武蔵野文化事業団 0422・54・2011

**************************************************************************

音の夢ピアノコンクール 2017

★今年で10年目の音の夢ピアノコンクール

九州・横浜などでの予選を終え、残るは10月28日(土)の鳥栖ピアノステップ ステップコース、

10月29日(日)課題曲・連弾コース、11月11日(土)音の夢ピアノコンクール 自由曲コース

のみとなりました。

本選に臨まれる方、どうぞ健康に気をつけてさらに精進してください。

全国ピアノコンクール/音の夢ピアノコンクール http://www.otonoyume.net

************************************************************************************************

 

 

 

閑話休題:60~クラシックナビ/新聞読み比べで発見!

★デジタル版新聞を読み比べ

ここ数日、いつも読んでいるデジタル版新聞にはクラシック音楽の情報が少ないなぁと思い

他紙(と言っていいのか迷うところです)のデジタル版を検索してみたところ、クラシックナビ

というコーナーを発見! 誰がどこのコンクールに入賞などという情報だけではなく、

海外で活躍するオペラ歌手のインタビューやバレエダンサーの情報、海外バレエ団の人事など

話題は盛りだくさん。見つけたのは毎日新聞のデジタル版でした。

日本のマスコミは日本在住の音楽家の活躍は伝えても、海外で(本場で)活躍する才能ある

音楽家や芸術家の活躍には冷たいなぁ…と常日頃感じていたので、この毎日新聞の記事には

うれしくなって、連日『クラシックナビ』や『カルチャー』のコーナーを読んでいます。

音楽学校も増え、演奏家が増えて、以前にもまして芸術・音楽で生活することが困難な

時代のようです。でも逆に音楽を理解して演奏できる人たちの層が幅広く厚みがあるという

ことでもあるでしょう。勉強してプロの演奏家になるという選択ではなく、勉強して趣味として

楽しみを増やすという、より贅沢な方向に進んでいるのかと思えば未来は明るい?

一方で、まったくクラシック音楽には興味がなかった人が、ふとした機会にクラシック音楽を

聴いて一瞬にしてとりこになってしまうという場合もあるようで、何がきっかけとなって

聴きこんでしまうことになるのかは人それぞれのご縁があるようです。

**************************************************************************************************