ローズプラネット

音楽会・美術展・個展企画 東京都武蔵野市

Monthly Archives: 9月 2016

You are browsing the site archives by month.

RPMCの人生を豊かにするスピリチュアルレッスン★18

*ブッダの『毒矢のたとえ』から頭の柔軟性を学ぶ!

ブッダの説法にはたくさんのたとえを使って人生の苦しみ(生老病死)に悩む人々を

救う方法がちりばめられている。今も昔も、さまざまな性格の人がいたようですね。

マールンクヤという修行僧は『宇宙は永遠か永遠でないのか。宇宙は有限か無限か。

霊魂と肉体は同一か別か。如来は死後存続するかしないか』、それについて教えを

得られないなら修行をやめると言い出しました。

ブッダは『毒矢に当たったのならまず、矢を抜くことが大切。矢を射ったものは誰か、

どんな種族で、矢は何でできていたかなど詮索していたら毒矢に当たったものは死んで

しまうのではないのか?』と諭したとか。2500年以上前に、宇宙の仕組みを知りたい

というのも素晴らしいですが、今日の科学をもってしてもわからないことだらけ…

一生かかっても理解できないことにもトライしたいものですが、当時はまず

短い人生の中で(今よりも寿命は短かったはず)、最も緊急を要する『心のやすらぎ』を

得る方法を悟って現世の人々に喜びを与えるということを第一に考えていたようです。

知りたい欲求があるからこそ科学は進歩してきましたが、今をどう生きていくのか、

地道に生きることが大切なことのようです。

**********************************

*知恵と勇気で「こうありたい!」自分になれる。

RPMCから楽しく生きるためのヒントになるような森羅万象など、日々感じたことをお伝えします。

★RPMC…ローズプラネットメンバーズクラブは、CDご購入の方の会です。

(入退会は自由です。随時、音楽会や美術展のご案内を差し上げています)

 

DVC00257

閑話休題:25〜『ひとりぼっちのあなたに』寺山修司

本棚を整理していて、寺山修司メルヘン全集3「ひとりぼっちのあなたに」を再読、

宇野亜喜良さんのイラスト、ブックデザインもなつかしく、高校生の頃に読んだ

本とサイズは違うけれど、あの頃はいろいろな情報を本やお芝居から得ていた

のだなとつくづく思う。

****************************

中学卒業後50年!  あっという間に月日が経ってしまい、今秋ミニ同窓会が

あります。当時、回し読みしていた寺山修司の作品にいろいろ触発されていたの

だなと感じるこの頃です。今、中学生や高校生たちを触発させるのはどんな人、

どんな作品でしょう。アニメやゲームで人生を学ぶのもあり!

いろいろな経験をして、学んで、バランスよくハッピーになってほしいですね。

Exif_JPEG_PICTURE

閑話休題:24~言葉の魔法、勇気や立ち直りのきっかけに!

*『お心にかけていただきありがとうございます』

Exif_JPEG_PICTURE

* もう20年以上前に若いお嬢さんにこう言われて、ハッとしたのを覚えています。

お若いのに、素敵な言葉遣いをされる方だなと感心しました。それ以来、私も、

機会があれば『お心にかけていただき~』というフレーズを使うようにしてきました。

ひとりじゃないのよね、敵や味方などということではなくて、そばにいますよ~と

応援してもらっている気になるフレーズです。しばらくしてからその方とは音信不通に

なってしまいましたが、フォーレの『レクイエム』を聴くたびに思い出していました。

元気で暮らしているのかな? 当時は再会できたらいいなと祈ることしかできません

でしたが、再会できてもできなくても、元気で暮らしていればそれでよし!

出会いも別れも、必要があってそうなっているのだと思えば安心だしハッピーです。

体は食べたものという栄養素からだけでなく、言葉の栄養ももらって生きています。

口に出して自分も相手も幸福(口福)になる言葉、言ってもらって幸せになる言葉、

そんな言葉を使うことでお互いをハッピーにしていきたいですね。

 

 

 

 

RPMCの人生を豊かにするスピリチュアルレッスン★17

DVC00257*隠していたものが次々に明るみに出てくる時代に。

 

大きなウソから小さなウソ、秘密にしていて第三者には

わからないだろうと思っていたことが、今、次々に表沙汰に

なっています。隠していたことはいつか暴かれる! わかりきっていることも

なぜか、自分は大丈夫と思ってしまうようです。『性善説だけでは生きていけないよ』

と友達からはよく言われますが、私の周りでは、性善説で生きている人が多くいます。

『正直者がバカを見る』とも言われますが、『結果は後からついてくる』とか

『人をだましてお金を得ても幸せにはなれない』と、とにかく自分の心に正直に

ウソをつかないで生きる! ということを当たり前に考えているのです。

私が子供のころには教えられたわけではなくても、なんとなく家庭でそういう会話を

耳にすることがありました。『ウソをつくと閻魔様に叱られる』『人さまのお役に立つ

ように働きなさい』『いじわるを言ったりしたりすると、必ず自分に戻ってくる』…

『お天道様に恥じないように生きる・働く』という言葉が詰め込み教育ではなく

家庭や社会に漂っていたのかもしれません。

『働くということは、はたが楽になるように仕事すること』なんていうコピーに

『いいね!』と思ったりしましたが、はたは楽かもしれないけれど、私は楽じゃない!

と、不平不満の時期もありました。やはり自分勝手に生きるほうが苦しいなら

自分にウソをつかずに働きたい! でも、これからはもっと楽して働いてもいいよね、

と自分に甘く、いえ寛容な気持ちになっています。理想どおりにはいかなくても

宇宙は認めて愛してくださるでしょう。

宇宙以上に、自分で自分を認め許し愛することがいちばん大切だと思いますが。

 

*知恵と勇気で「こうありたい!」自分になれる。

RPMCから楽しく生きるためのヒントになるような森羅万象など、日々感じたことをお伝えします。

 

アルフォンス・ミュシャ(ムハ)の展覧会各地で開催

%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%81%af%e3%82%8b%e3%81%b2%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8*清須市はるひ美術館:開催中~9月25日(日) 

愛知県清須市春日夢の森1番地 TEL:052・401・3881

*チェコセンター展示室:開催中~10月31日(月)

東京・広尾のチェコ大使館内チェコセンターでムハ(ミュシャ)が

チェコに戻ってからの作品や切手やポストカード、紙幣なども展示されています。

詳細はHPでご確認ください。http://tokyo.czechcentres.c2/page:1/

*大分市美術館10月8日(土)~12月4日(日) 大分市大字上野865番地 

詳細はHPでご確認ください。http://www.city.oita.oita.jp/    総合案内「楽しむ」→大分美術館

*国立新美術館:2017年3月8日(水)~6月5日(月) チェコ国外世界初公開の作品、

超大作《スラヴ叙事詩》全20作品が公開されます。お楽しみに。

 

RPMCの人生を豊かにするスピリチュアルレッスン★16

DVC00257*先さまには先さまのご都合が…主役優先とはいかないようです。

人生のドラマにはそれぞれの役があり、人生の主役はもちろん本人。

でもパートナーや親・兄弟にとって、自分はその人のわき役。

自分の役を演じつつ、他者の名わき役になるには相当の努力忍耐が必要です。

あんなセリフ、聞いてないよ! と思いながらもそのアドリブともいえる想定外の言葉に

振り回されてしまい、挙句に仲違い…ということになることも。天上界から見ていたら

『もう、なんてことをしているんだ!』と大慌てかもしれません。

自分の感情を押し殺すことはありませんが、冷静になって『相手が本当に言いたいことや

したいことは何?』と、相手のご都合や今ある状況を考えることも大切だとか。

そんなに簡単に相手のことばかりは考えられませんが、先方には先方の事情があると

わかれば、少しは自分を抑えられるかもしれません。相手にも自分の都合を理解してもらいたい

モノですが、自分勝手な人が多いです。ガマン、ニンタイを学んだ人からこのテーマに

取り組むことになっているのでしょう。成長を喜んでいいのか、嘆いていいものか?

きっといいことだと思いましょう(*^_^*) 楽しいご褒美があるはずです。

 

*知恵と勇気で「こうありたい!」自分になれる。

RPMCから楽しく生きるためのヒントになるような森羅万象など、日々感じたことをお伝えします。

 

 

閑話休題:23~アスリートの育て方。きびしく温かく…

Exif_JPEG_PICTURE*シンクロナイズドスイミング・井村HCの指導に感心。

リオ・オリンピックで銅メダルを獲得したシンクロナイズドスイミングの

選手たち。彼女たちを指導した井村雅代ヘッドコーチの厳しさは有名ですが

きびしいだけなら、なかなかついていけないはず。

選手と井村コーチの帰国後の映像を見て、またまた納得! 井村コーチの演技に対する指導は

きびしいものの、練習で思わず涙ぐむ選手に『練習で涙が出ても恥だと思わなくていい。

人間なんだから…』などと声をかけていたり、『自分にはドラえもんみたいにポケットに

いろいろ入っていて、選手が忘れてきたりしても大丈夫なように用意している。(選手が)涙を

ふくためのハンカチもあります…』。きびしく怒鳴りつけるだけなら反発しか残らない

かもしれないけれど、メダルという結果以上に選手たちの精神的な強さを残すという大切な

ことを伝えている。選手の個性に合わせて叱り方、ほめ方(?)考えているのかな。

友人や家族でも相手の心を読み取ってつきあうということは難しいのに…、でもそれができる

方だからコーチとしての能力を発揮できるのでしょう。自分にできる範囲で自分の能力を

発揮できるように、日々努力したいものです。

 

 

RPMCの人生を豊かにするスピリチュアルレッスン★15

DVC00257*悪役、嫌われ役は舞台や映画の中でだけ?

 

善良な役も悪役もいるのがドラマ…みんなドラマが終われば仲よく

食事している様子がメイキングシーンなどで見ることができます。

これって人生ドラマの出演者にも当てはまること? ミステリードラマには必ず犯人がいて、

犯罪を犯す環境があって、犯罪に至るまでの心の葛藤があって…。自分はこんなに苦しんで

生きてきたのに自分を苦しめた相手はのうのうと幸せそうに生きている…そんなの理不尽で

許せない! こんな筋書が多いようです。理不尽なことに怒りを感じない人はいなくて

仮に『ひとりだけ本当に許せない人を抹殺してよい』、ということになれば、人類は滅亡。

そうならないために、この世の現実もお芝居なのだと思えると気持ちが楽になりますね。

自分にとって不都合なことを言ったりしたりする人も自分の魂のレベルアップをテストして

くれる人、困難を乗り越えることを学ばせてくれる人…と思えればラッキー!

現実はなかなかそんなことを受け入れることはできませんが、『そうかもしれない…

そんなことがあるのかも』と心にインプットしておけば、いつか憎い相手にも感謝できる日が

くるのかも。憎しみを残したままこの世を去ってしまいたいとは誰も思いませんから。

この世を去る日が来れば、『お世話になりました』『ありがとうございました』と言って

サヨナラしたいです。

 

*知恵と勇気で「こうありたい!」自分になれる。

RPMCから楽しく生きるためのヒントになるような森羅万象など、

日々感じたことをお伝えします。

 

 

閑話休題:22~リオ・パラリンピック選手の精神力

Exif_JPEG_PICTURE*ハンディキャップがあってもなくても

 

 

 

 

ハンディキャップがありながらもプレイする選手たちの活躍が伝えられていますが、

脚の代わりとなる車いすを使ったテニスやバスケットボールの迫力に目が釘づけになりました。

ぶつからないの? 転倒しないの? 危険じゃないの? ハラハラドキドキの連続でした。

ハンディキャップと言っても生まれつき目が見えなかったり、中途失明だったり事故や病気で

体の機能を失ったり…とさまざま。失ったものを受け入れ、そこから気持ちを立て直して

生きていく精神力は並大抵ではないはず。人それぞれに哀しみ苦しみはありますが

比較ではなく、本人がどれだけ課題を乗り越えるかに尽きるのでしょう。

体だけではなく、より心を鍛えるものとして、スポーツや芸術が存在するのでしょう。すべての

人間が抱えるこの世の課題を自分に合った方法で克服できるなら素晴らしいことです。

**************************

車いすや義足・義肢で選手たちを支える技術者のサポートも大きいそう。

これからさらに健常・ハンディキャップという垣根が取り除かれていくことでしょう。

さまざまなシーンで調和と融合が進んでいくのが楽しみです。

 

閑話休題:21~子犬の念力に敗北した日

ネコならまだしも犬にも念力があったなんて…Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

友人が飼っているいる子犬にはいつもおどろかされます。

初めて会ったときには、ワンワンキャンキャンという鳴き声ではなく「ク~ン、ぐにゅぐにゅ、

キュキュキュッ! ごは~ん(?)」と、まるでしゃべっているみたいな鳴き声でした。

なに、この子! 宇宙犬? 出会ってからもう数年になりますが、友人の家に行くたびに

大歓迎してくれます。会うたびに成長、先日はスゴ技を披露してくれました。

 

友人がお茶とお菓子を出してくれたのですが、食べている私のそばに来てじーっと見つめて、

友人が注意しても、ずーっとそばから離れないのです。愛らしい目で見つめられるとこちらも

ウットリ…お菓子を食べ続ける私でした。フォークに刺したケーキを食べようとした瞬間、

エッ! どうして? 落ちるはずのないケーキがフォークからポトリと落ちてしまったのです。

友人と顔を見合わせて唖然…彼にケーキのひとかけらを食べられてしまいました。

すごい念力! このケーキはいただき‼ と思ったのか狙いを定めていたのでしょう。

『願いはかなう!』をいつも感じている私でしたが、このとき以来、彼に負けたことが

ショックで(ケーキを取られたことではなく彼の念力の強さに)、想念は強く持たないと

と、あらためて感じたのでした。願えばかなう! 負けたことで自分も能力アップできて、

いえ、想念を強く持つことの大切さを知って、彼に感謝です。