ローズプラネット

音楽会・美術展・個展企画 東京都武蔵野市

Monthly Archives: 7月 2016

You are browsing the site archives by month.

閑話休題:15~行先違いのエスカレーターにのってしまったら

Exif_JPEG_PICTURE仲良しだった友達との別れ

 

何でも話し合える友達というのは得難いものですが、心変わり?

というか感覚の違い、ズレはつきあうほどに出てくるものです。

子どもの頃の友達と違って、社会に出てからの友達は人生観や好みが違って

当たり前のところから始まるので、お互いの結婚相手や職場の立場などが変化するにつれて

気持ちも揺れてくるものです。30歳くらいの時につきあっていた友人とは本当に

いろいろなことを話していましたが、ある時期からズレが出てきて、悩んだことがあります。

いつも隣にいる(心がです)のが当たり前と思っていたのに…。

 

先輩にアドバイスされて自分と相手とは今までは同じ速度のエスカレーターだったかも

しれないけど、これからは違うスピードで違う階に行くエスカレーターに乗っているのよと。

生まれてくるのもあの世に帰るのも自分ひとり、その途中で仲間と思える人と出会わせて

もらっただけで、これからが本当の人生ですよと。相手には相手のスピードと課題があるので

相手の修行を邪魔しないようにとも言われて、不本意だったことを覚えています。

なかなか納得できませんでしたが、次第に相手と自分の人生のシナリオは違うという

当たり前のことに気づき、納得できたのでした。長かった~! その後も同質と思いたい、

同じ感覚だと信じたい自分との格闘がありましたが、ようやく「人は人、自分は自分」

と思えるようになりました。昨日まで隣にいた人との心の距離が離れることは寂しいですが

これを進歩・成長だと思って楽しくサヨナラ言えるようになりました。

 

未成熟な私とつきあってくださって、今までありがとう! お幸せに!

ほどよい距離感でおつきあいすることはなかなか大変ですが、出会いも別れもあるのが人生。

何があっても感謝とともにおつきあいしていきたいものです。

 

RPMCの人生を豊かにするスピリチュアルレッスン★6

DVC00257 知恵と勇気で「こうありたい!」自分になれる。

 RPMCから楽しく生きるためのヒントになるような森羅万象など、日々感じたことをお伝えします。

*声を出すことでコミュニケーションを。

10年以上前に思いがけず声楽のレッスンを受けることになり、ハマりやすい私はどんどん

のめりこんでしまいました。いろんな歌手の歌を聴くうちに、その人の声を聴くだけで

体がリラックスするように感じたりしていました。残念ながら今はお休み中です。

★とっさに声が出ない人が多くなっている!

先日、ある異業種交流会で元アナウンサーの宮崎絢子さんのお話を聞いてきました。

ボイストレーニング教室で指導もされていて、大きな声でなくても、よく通るはっきりした

美しい日本語で会場の隅々まで届く穏やかな声が印象的でした。

**************************************

最近、地下鉄のドアとホームドアに挟まれた女性を助けようと周囲の人たちが奔走したにも

かかわらず、脱出できたときに、ひと言のお礼も「ありがとう」もなかったそうです。

きっと怖い思いをしたり、恥ずかしかったりで声が出なかったのでは、ということでしたが

見知らぬ人とは会話をしないということが当然のような現代ではそのような場面での

コミュニケーションのしかたがわからないのかもしれませんね。

無事でよかったねという周囲の想いも、その何もなさにアゼンとしたのだそうです。

『そのひと言があれば』、あるいは『そのひと言がなければ』、信頼を得もすれば、失望感を

味わい人が集まりもすれば離れていくことにもつながりますよね。

言葉は言霊…信頼され、人が楽しくて近づいてきてもらえるように、いつも愛に満ちた言葉を

使っていきたいものです。ボイストレーニングもいつか機会があれば受けてみたいです。

★宮崎絢子ボイストレーニングスタジオ

http://voice-training.tokyo/

閑話休題:14~イメージ書き換え&試聴コーナー更新

Exif_JPEG_PICTURE

真夏日になったり梅雨明けしたと思ったら気温がグ~ンと下がって、今日は半袖では寒い

くらいです。日曜日から連日、東京でも震度3ほどの地震があり、いよいよくる?

などと考えてしまいそうですが、地震を引き寄せてはいけないので『なしなし…来ない』

『来ても軽くすみますように』とイメージを書き換えました。

***************************************

スピリチュアルレッスンで触れた罪悪感…私は子どもの頃に食べるということに抵抗があって、

生きるためには食べるしかなく、他者の命(肉も魚介類も野菜も命がある)と考えると、

食べていましたがなんだかモヤモヤしていました。払拭できたのはUFO研究で有名な

アダムスキーの『宇宙哲学』という本の中で見つけた『レタスはあなたに食べられることで

あなたの人生を経験する』というもの。ようやく「あぁ、食べてもいいんだ。レタスが私の

体を体験してくれるんだ」と、心に刺さったままのちいさなトゲを抜くことができたのでした。

今は本当においしくほぼ何でもいただいています。人それぞれの人生、それぞれのお悩み、

哀しみ、罪悪感、許せないことなど数え切れないほどありますが、第三者が取ってくれる

わけではありません。自分で取るしかないのです。きっと、キュウリを切っているとき?

カレーを煮込んでいるとき? 歯磨きしているとき?に、あッ! と気づくことでしょう。

あぁ、そうか、そうなんだねって(^_-)-☆

『心こめて』のCDを聴きながら天啓が開かれるのもありかな(*^-^*)

RPMCの人生を豊かにするスピリチュアルレッスン★5

DVC00257 知恵と勇気で「こうありたい!」自分になれる。

RPMCから楽しく生きるためのヒントになるような森羅万象など、日々感じたことをお伝えします。

*なかなか手放せない罪悪感…在庫一掃セールする方法は?

『こうできなかった』、『しなかった』、『してしまった』、『してあげられなかった』など、

自分を責めることは山ほどありますが、過去のことはどう悔やんだとしても時間をもとに

戻すことができません。たとえ戻れたとしても自分が納得するようなことをできるとは

限りません。でも一生後悔して暮らすなんてもったいないことです。自分にとっては重要でも

してしまった相手は何とも思っていないことも、ままありますから。

自分勝手!? と思われても、この世で一番大切なのは世界にひとつしかない自分自身。

法に問われるようなことでなければ、してしまったり、できなかったりした自分を責める

のではなく、受け入れ、認め、許しましょう。できなかったことは事実でも打ちひしがれて

いても誰も楽しくありません。自分のできなかったことを認めて、関係した方に心から

お詫びして、至らなかった自分を許してくださいと、自分自身に伝えましょう。

なぜ自分に? 一番大切な自分を苦しめてきた自分に気づいたら許すしかありません。

何があっても裏切らないのは自分自身の心です。罪悪感はそう簡単に手放せるものでは

ありませんが、手放していいんです! これを繰り返し繰り返し心にインプットしてください。

罪悪感を持つにいたったお相手も、今ではきっとあなたの幸せを祈っているはずですよ。

なぜなら多くの人が幸せでいることがみんなの喜びになりますから。嘆き苦しむ姿を見て、

彼らも悲しい気持ちになってしまうでしょう。どんな自分であっても愛しましょう。

第三者の評価ではなく自分自身で自分を愛してください。自分だけは悩み苦しみ乗り越えた

自分を知っているはずですから。よく耐えたね、よくトライしたね!

私たちすべてが幸せでいればみんなが幸せオーラに包まれてラッキーな人生を過ごせます!

心のお荷物の在庫一掃セールをしてスッキリした気持ちで暑い夏を乗り越えましょう!

 

RPMCの人生を豊かにするスピリチュアルレッスン★4

DVC00257

DVC00257

知恵と勇気で「こうありたい!」自分になれる。

 

PMCから楽しく生きるためのヒントになるような森羅万象など、日々感じたことをお伝えします。

 

*親子の縁はいつ決まる? 人生のテーマは何ですか?

この世に生まれてくる前に、あの世の区役所? あるかどうかわかりませんが戸籍係のような

ところで、今回はこの方たちに両親になっていただくとか、兄弟になりましょうとか、

子どもとしてお育てしますから…という取り決めをするそうです。

そして、今回地球に生まれるときには前回はできなかったこのテーマで学習しましょう

と決意するのだとか。あるお子さんは『お母さん候補が何人かいたけれど、私は今のお母さんに

決めたの』と言ったのだとか。覚えている方もいるんですね。

「あぁ、私は何をしようとしたのかしら?」

テーマは決めてもその具体的なことは地上に降りてみないとわからないそうです。

一緒の舞台で演じてくださる方がいい演技をしようと、アドリブを入れることもあるでしょうし、

想定外の演技になることがあるかも。『許し』がテーマなら許せないようなことに遭遇し、

苦しいこともあるでしょうし、『愛』がテーマならさまざま愛を経験するかもしれず、

『忍耐』がテーマなら、「背負ったものの重さ」にへきえきしてしまうかもしれません。

言葉は言霊!

私は「縁の下の力持ちで、しっかり働こう」と思ったのかどうか、とにかく仕事の量に

押しつぶされそうになり、「もう、や~めた。これからは女王様のように仕事します」と

宣言!(自分の心にです) そうしたら、ほんの少しですが仕事の負担から解放されました。

言葉は言霊! キレイごとを言ってたら病気になりかねません。かと言って自分本位の

困ったちゃんも傍迷惑! 今、なんでこんな状況なの? と思うときには自分の発言や態度を

チェックしてみましょう。自分のことよりも相手のために! とか自分が我慢すれば済むこと

などと思ったりしませんでしたか? 程度問題ですが、まず自分を愛して、大事にしましょう。

自分の心に正直に、安らかな心でいられるように少しずつ進路を修正していいんです。

どんな環境にいても「自分は守られている! 世界にひとりだけのかけがえのない存在!」

と思えば大丈夫。「大丈夫、守られている」…と口に出してみれば効果が出ます。

そう感じるだけで道は開かれます。知識として知っていた私も今、本当に実感しています。

『大丈夫(*^-^*) 私たちは守られている』と。実践しましょう、お口のトレーニング。

 

 

 

 

 

閑話休題:13~参議院選挙&都知事選の行方は?

7月10日は参議院議員選挙投票日そして都知事選候補の表明?

Exif_JPEG_PICTURE

明日は投票日、今後の日本がどうなるのか? きっとそんなには変化がないと思いますが、

イギリスのEU離脱の国民投票のようにならないためにも(まさか離脱になると思わずに

離脱に一票を投じた人もいるとか)、投票したいものです。

でも正直に言って、誰がなっても同じという思いはありますよね。私もそのひとりですが、

今回は早々と期日前投票をしてきました。10日は用事が入ってしまったので、すいてるし

このシステムはいいですね。次は都知事選、いったい誰が…なるのかよりも、誰が立候補?

参議院選挙後に立候補表明をする方たちが多いと聞きます。どんな顔ぶれになるのか

楽しみです。これからはいろいろなことが明らかになっていく世の中だといわれています。

もう隠せない、隠しても見つかってしまう時代なのだとか。

インターネットが発達した今、当然といえば当然のことですが、怖がらずに知りたいことを

知って正しく判断していきたいものです。『自分の心に嘘をつかず、正直に生きる』を

実践中ですが、友人からは『片目をつぶることも大事』などと言われている私です。

たしかに直球だけで生きると、うまくかわすことができずにデッドボールの連続でしたが…。

不惑の歳(かなり前のこと)から、少しは変化球にも対応できるようになったつもりですが

クセというのは曲者(くせもの)みたいです。みなさんのクセはどんなものですか?

クセにとらわれずに笑顔でハッピーを引き寄せましょうね。

 

 

RPMCの人生を豊かにするスピリチュアルレッスン★3

知恵と勇気で「こうありたい!」自分になれる。

DVC00257

DVC00257

RPMCから楽しく生きるためのヒントになるような森羅万象など、日々感じたことをお伝えします。

*言葉は言霊、使い方には要注意。

普段なにげなく使っている言葉、日本では昔から言霊(ことだま)と言われているように

使い方次第で運気を上げたり、ハッピーなものを引き寄せたりできるようです。

イメージすると自分にインプットされてしまうようで、「ああいう人にはなりたくない」と

思うと必ず願いがかなって《なりたくない》性格や態度の人間になってしまうそうです。

『平和を!』と願うと、つまり現実にはそうではない状態だということなので願えば願うほど

本来の願いから遠ざかってしまいます。たとえ現実とは違っていても

「平和な世界を作り出していただきありがとう!」

と言うことで平和に近づくそうです。本当かしら? そんなこと信じられませんよね。

私も、ある方から『バラ色の人生を歩いているんだから…心配しなくても大丈夫!』

と言われても、「えーっ、今こんなに大変なときなのに、そんなこと思えない! 無理!」と

顔がこわばってしまいました。でも、うつむいて、嘆いたところで事態は解決できず、

『あ~ぁ』と嘆くよりも、『あ~ぁ、幸せだなぁ、ツイてるなあ、ハッピーだなぁ』と

口だけポジティブ言葉を言い続けていたら、少し気が楽になりました。言葉は言霊!

言葉がハッピー&ラッキーを引き寄せてくれそうです。『笑う門には福来る』というのは

本当です。幸せだから笑える? 笑うから幸せ? だったら、思いっきり笑って笑顔で

自分が目指す仕事をし、楽しく語り、おいしく食べて、健康で幸せな人生を引き寄せましょう。

ただただ、生きていられることに感謝です。

 

 

 

 

 

ボルトキエヴィッチ:作品48/試聴コーナー更新

RPLA18101

1日遅れましたが新月の試聴コーナー更新です。ボルトキエヴィッチの3/4拍子で 第2番

ホ短調~6つのピアノ小品 作品48をお聴きください。

この6つの作品のすべてが3/4拍子でできています。CDにはこの曲だけを収録。

あと2曲を録音予定していましたが、残念ながら…見送ることに。すべてのことは

予定どおりにというわけにはいかないものです。

彼もポーランド貴族でロシアに住み、ヨーロッパで活躍したものの第一次世界大戦・ロシア革命で

ロシアの財産は没収され…(所説ありますが)苦難を乗り越えたと思ったらロシア人だということで

ナチスに追われ…。そんな彼の波瀾万丈な苦しみ哀しみが曲に潜んでいるようです。

閑話休題:12~バングラデシュ・テロ襲撃犠牲者の志

Exif_JPEG_PICTURE 

痛ましい事件で人の役に立ちたいと願い実践していた方々が大勢亡くなり、あらためて

テロを煽るものをなくしていかなければと感じます。

たとえ敵対するものを抹殺したとしても、犠牲となった方々の「人のために…」と願った思いと

これまでの行動は消すことができません。テロ襲撃犯は裕福な家庭に育ち高学歴だとか。

自分も他者の命も大切にして、自分の行動が社会にどう生かせるのか

還元できる方法を学んでほしかったです。

犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

 

 

RPMCの人生を豊かにするスピリチュアルレッスン★2

DVC00257  知恵と勇気で「こうありたい!」自分になれる。

 

*レッスンといえば、ピアノ、バレエ、ヴァイオリン…

みなさんはどんなレッスンを受けてこられたのでしょうか。

音楽に限らず「先生」と呼ばれる方は怖い方が多いようですね。指導する立場から言えば

きっと、育てたいという気持ちが強くて厳しくならざるをえないのではないでしょうか。

ピアノを習ったことのない私にとってレッスンと言えば、ターミナルケア(終末期医療)の

パイオニアで『死ぬ瞬間』を発表したエリザベス・キューブラ―・ロスの『ライフ・レッスン』

という本がまず浮かびます。『ライフレッスン』の中で私が感心したのは彼女の正直さ。

さまざまなテーマで人生の為すべきレッスンが書いてありますが、体が不自由になって

看護師さんに介護を受けるのですが、エイズ研究のセンター開設に反対する人から放火され

(原因不明の出火だが彼女は放火と考えていたそうです)、後始末のゴミだと言われ、

運び出されるのを見て、彼女は「ゴミではない、看護師たちが自分のものを持ちだしている」と断言。

絶対に彼女たちを許さない、と『許し』のテーマで語っています。

最初は目が点になりましたが、やがて笑い出すことに。これって、テーマが許しでしょ?

ユーモアで書いているとは思えなくて、大真面目。素直な人です。私ならかっこつけて

『…そんな彼女たちを許します。自分の勘違いかもしれないし…』と書きそうだったので。

興味のある方はぜひ一度読んでみてくださいね。ほかにもモノとのお別れのレッスンや愛、

罪悪感、怒り、明け渡しのレッスンなど盛りだくさん。

今は何のレッスンかなと日々過ごすのも楽しいかもしれません。

『ライフ・レッスン』(角川文庫)/エリザベス・キューブラ―・ロス&デーヴィッド・ケスラー著