ローズプラネット

音楽会・美術展・個展企画 東京都武蔵野市

Monthly Archives: 4月 2016

You are browsing the site archives by month.

閑話休題:5~世界でいちばん貧しい大統領・ムヒカさんのメッセージ~

Exif_JPEG_PICTURE

「貧しい大統領」というのは本のタイトルのため? 質素に生きているだけの誠実な方のようです。

ご存じの方も多いと思いますが、前ウルグアイ大統領、ホセ・ムヒカさんが来日して、講演やテレビ出演で

さまざまなメッセージを残してくださいました。彼が注目されたのが2012年の『リオ+20』とも

呼ばれる国連持続可能な開発会議でのスピーチです。

『貧乏とは少ししか持っていないことではなく、無限に欲があり、いくらあっても満足しないこと…』

など、心にしみるこのスピーチが絵本になっています。彼は貧しい家庭に生まれて、キューバ革命に

影響されてゲリラ戦士になり何度も逮捕されて約14年間も牢獄にいたという方です。そこで学んだことは

暴力では世界は変えられない、文化を変えなければ…というもの。なかなか現実は厳しいけれど

アメリカのオバマ大統領とキューバのカストロ元議長との会談に尽力して両国の国交回復に

一役買った人物です。一気に世界から戦争・紛争をなくすことはできないけれど、地道な努力が

一歩一歩世界平和につながっていくことでしょう。もっと知りたい方は出版社のホームページで。

汐文社:http://www.choubunsha.com/special/president/

閑話休題:4~備えあれば憂いなし…のはずなのに

Exif_JPEG_PICTURE

今回の熊本地震だけではなく、いつ起きるかわからない災害に備えて水やアルファ米を備蓄している方も

大勢いらっしゃるはず。ただ、保管している場所が壊れてしまったり保管場所までたどり着けなかったり

すると、せっかく備蓄したものも意味がなくなってしまいます。いつも想定外…と考えるのではなく

宇宙飛行士があらゆるトラブルを考えてシミュレーションするように、私たちも災害に備えて

考えておきたいものです。地震と無縁ではない土地に住んでいることをしっかりと把握しておきましょう。

飲み水の確保と非常食、生活用水、簡易トイレなど自分で準備しておくほかはありません。

阪神淡路・東日本・熊本地震も、行政は各個人のニーズを把握することはできないからです。

災害ボランティアを経験した方が言っていたのは、「まず自分たちで動くこと。行政は後から

ついてくる!」というものでした。情けないけれど本当のことですよね。5年前は枕元に懐中電灯や

防災用品を準備していましたが1年ほどでしなくなってしまいました。今夜からまた準備したいと思います。

今日読んだブログで歩いたり運動するのはよいことなのだと知りました。運動は、『運を動かす!』

運勢や運気をアップさせるものだと楽しく解釈(*^-^*) 災害に備えるのがマイナスイメージを

呼ぶのではなく災害を防ぐように、『禍を転じて福と為す』ように考えられる体質にしたいと思います。

 

熊本で震度7の地震。みなさまのご無事を祈っています

RPLA18102

震度7というものにも驚きましたが、それが前震で昨日のマグニチュード7.3が本震だったということに

さらに驚きました。熊本にご縁ができたのは、CD取扱協力店のギャラリーボンブラさんで『心こめて1』に

興味を持ってくださったアーティストの方から始まりました。ギャラリーでの個展開催の打ち合わせにいらして

なぜか、置いてあるCDに目がチラチラいくのをギャラリーのオーナーが気がつき説明をしようとすると

なんと女子高が熊本で、当時の音楽の先生が宮沢明子を高校に招いてピアノ演奏を高校生に聴かせたのだとか。

もう何十年も前のことなのに、しかも(たしか)体育館での演奏だったのに、彼女たちはその演奏に感動して

何十年も前のことを記憶していたのだそうです。その方から当時のお仲間に伝わり全国に拡散して、

熊本はもちろんのこと、愛知、長崎、横浜へとCDがご縁となりみなさまとお話しするようになりました。

幸い、みなさまご無事だということですが、今後の状況がわからないようです。どうぞお体・お心を大切に

なさいますよう祈っております。

 

ローズプラネットがあなたのイベントのお手伝い…情報発信に

Exif_JPEG_PICTURE

ローズプラネットのサイトであなたの個展やコンサート(クラシック音楽だけではありません)、

映画上映会や朗読、講演会などの告知をしてみませんか。ご要望があればイベントの企画や制作もいたします。

★サイトでの告知:料金/1カ月¥10800(税込) 期間は1週間単位で追加も可能です。

イベント名、会場や日時、内容、写真のアップなどをいたします。詳しくはメールでお問い合わせください。

muses@rose-planet.com

閑話休題:3~音大の就活。クラシック音楽はあきらめて?~

Exif_JPEG_PICTURE

以前のぞいてみた音楽大生の就活講座の講師のお話…目が点になりました。音大卒業予定の学生に、「クラシック音楽を勉強しに音大に入学したのだろうけれど、クラシック音楽で就職しようとしても無理だからあきらめて違う分野の仕事を見つけてね」というものでした。

以前はあったけれどヤマハやカワイの講師も今はほとんど募集がないし、自宅でピアノ教室を開いても生徒は集まらないよ。学校の音楽の先生もほぼ無理。唯一需要があるのはポップスを教えるか、中高年のためのピアノ講師か簡単に弾けるようなアレンジができる人…。

これではせっかく勉強して音大に入って高い授業料と月謝を払っても意味がない。コンクールのレベルもだんだん落ちているのもそんな気力のなさなのか? 教える学校の方向性というものもあるでしょうが、確かな耳を育てるようにしてほしい。せめて授業料を還元するくらいの教育をしてほしいものです。本気で勉強しに入学した学生に失礼だと思いますが。