ローズプラネット

音楽会・美術展・個展企画 東京都武蔵野市

Monthly Archives: 3月 2016

You are browsing the site archives by month.

クラシック音楽ファン必聴『宮沢明子の心に響く音楽会』いったん終了

むさしのFMプログラム

半年にわたってお聴きいただいた『宮沢明子の心に響く音楽会』が26日に終了しました。

再放送をご希望されるファンの方も多いのですが、またいつか宮沢明子のトークとピアノを

お聴きいただく機会を持ちたいと思っています。その時までどうぞ首を長くしてお待ちください。

そしてこんなに素晴らしい宮沢明子のピアノ演奏を多くの方に聴いていただきたいと思われた方は

CD『心こめて1 With All My Heart1』と『心こめて2 With All My Heart 2』をお友達に

どうぞ伝えてくださいね。プレゼントとしても最適です。新入学・進級のシーズンです、

クラシック音楽にちょっと敷居が高いと感じている方にも、本物の演奏に触れたときには

その美しさを感じることができるはず。感性の鋭い若い方たちに聴いていただけるとうれしいです。

 

あなたのイベント(個展・リサイタル)告知しませんか?

Exif_JPEG_PICTURE

ローズプラネットのホームページでみなさまのイベントの情報を発信してみませんか?

個展やリサイタル、グループセッションなどの告知のお手伝いをいたします。

期間は1カ月単位で、延長ご希望の場合にも対応いたします。お友達にはスマホで簡単に

連絡ができる方も、より広い方に発信できるチャンスです。美術・音楽関係だけでなく、

朗読会、映画上映会、舞台を紹介したいなど、ご希望があればご相談に応じます。料金などの

詳細は近いうちにお知らせいたします。春夏に向けてライブや個展などの予定がある方は

どうぞお気軽にお問い合わせください。ご連絡をお待ちしております。

留守番電話になっていることが多いので、なるべくメールでお願いいたします。

ローズプラネット/ muses@rose-planet.com

 

 

閑話休題:2~クラシック音楽の役割~

Exif_JPEG_PICTURE

テレビドラマやゲーム、アニメとさまざまな映像に作曲されている現在、クラシック音楽はどのくらいの

需要があるのか? NHKの『精霊の守り人』を作曲するドキュメンタリーを見ていて感じたこと。

テレビを見始めたときから映像と音楽は一対のものだと当たり前のように思っている私たち。

たしかに映像に違和感を感じない音楽というのは映像をより自分に引き寄せて楽しめるもの。

200年、300年前の作曲家たちはどんな思いで作曲したのだろう。彼らの心の映像に

寄り添って曲を作ったのではないだろうか。だから聴く人の心のイメージでさまざまな聴こえ方に

なる。演奏するほうも作曲家はこのときどんな気持ちで作ったのか、どう伝えたいのかを必死で

感じ取り演奏するのではないだろうか。単なる再現演奏ならコンピューターで十分。多くの人が、

このピアニストなら、このヴァイオリニストなら、この指揮者ならどういう演奏になるのかを

聴きたいと思っている。私はかつて苦しいことがあるとベートーヴェンの曲を聴いて癒されていた。

ピアノコンチェルトの『皇帝』だった。先日、ふと演奏時間が90分近いブルックナーの交響曲7番の

美しい旋律が突然、心に浮かんできた。CDをかけたわけではない。絶望感を味わっていたときに

そーっと私に寄り添ってくれたのは、やはり音楽…。

クラシックであれ、ロックであれ、ジャズであれ、人それぞれに必要とされるもの。

時代(年代?)や時期で心の栄養となる音楽は違ってもみんなが健康に幸せに生きたいもの。

『芸術に関わるみなさまにすべての善きことが雪崩のように起きます!』 ように願ってやみません。

 

 

閑話休題:1~ほっとする本 書とマンガのデュオ~

Exif_JPEG_PICTURE

なかなか新しい情報をお伝えする機会がないので、日々感じたことを書き綴ってみます。

今日は、『書とマンガのデュオシリーズ 南久美子作品集 ほっとする本 その弐』から。

思わず『フフフっ』と笑いがこみ上げてくる作品集。七福神(応援してるよ!I’ll back you up)、

お母さん犬が子犬におっぱいを飲ませているところに1匹の猫が交じっていて、振りむいている

セリフは『気にしない気にしない』。犬がコーヒーを飲みながら『だいじょうぶ』。

楽に生きるシリーズ(つぶやき集)では『私はいつもツイてる!』『かるーく生きる』

『笑うしかない時もある』など。私のお気に入りは『なすようにならず なるようになる』。

どんなにがんばっても意図するようにならないこともあるけれど、諦めないで!という

強力な応援メッセージに思えます。

南久美子作品集は京都ホテルオークラ(地下鉄東西線 京都市役所前駅直結)の2階で購入できるそうです。

『ほっとする本』南久美子作品集/光村推古書院 075‐493‐8244

南久美子のホームページ:南久美子の世界 http://www.ho-minami.jp/

 

宮沢明子『心に響く音楽会』むさしのFM、3月26日に終了!

むさしのFMプログラム

昨日の放送はお聴きになりましたか? 昨年9月から始まった『宮沢明子の心に響く音楽会』も

いよいよ3月26日(土)で終了します。今までご愛聴いただきありがとうございました。

以前聴きにいったコンサートで、なんだか落ち着かなくて、終わってから、

「ああそうだ、客席とピアノとが分離されていたんだ」と気づきました。

演奏者と音楽を分かち合えなくて、寂しかったんだなと思いました。

なんだか置いてきぼりにされたようでした。

つくづく思うのは宮沢明子の演奏を生で聴ける同じ時代に生きていてよかたということ。

宮沢明子の演奏では置いてきぼりは一度もないですから。10月には1年ぶりに労音主催の

リサイタルがあります。今からワクワクしながら楽しみにしています。皆さんもお楽しみに。

 

おすすめの本:佐藤初女さん『いのちをむすぶ』

CCI20150325_0000

映画『地球交響曲第2番』に出演して多くの方に静かな感動を与え続けてこられた佐藤初女さん。

2月1日に亡くなった佐藤初女さんの本が3月4日に発売されました。

『いのちをむすぶ』(集英社)…長年、弘前イスキアや岩木山麓の森のイスキアで

心に悩みを抱えた人たちとともに食事をしながら話を聞き、生きる希望を各自が

見出していくように活動された方。ただただ悩む方の話を聞いて本人が解決する力を

引き出した方だと思います。数年前にお話を聞く機会がありましたが、穏やかな

表情とともに内に秘めた強さを感じました。本人がどうするのかを受け入れるのは

なかなか難しいこと、ついアドバイスというおせっかいをしてしまいがち。

よしもとばななさんのメッセージにある『本当に偉大な存在は、決して人に

気づきを強いない』は心にしみるメッセージです。

明日3月6日(日)NHK Eテレで午前5時から佐藤初女さん出演『こころの時代』

(2002年放送)がオンエアされます。早起きできる方はぜひごらんください。

 

amazonで購入可能です! 『心こめて2』

RPLA18102

ご希望が多かったアマゾンでの購入ができるようになりました。

録音復活第2弾の『心こめて2 With All My Heart2』のみですがどうぞご利用ください

試聴コーナー更新:エディット・ピアフに捧ぐ

RPLA18101

試聴コーナーを更新しました。プーランクの『エディット・ピアフに捧ぐ』です。