ローズプラネット

音楽会・美術展・個展企画 東京都武蔵野市

Monthly Archives: 2月 2015

You are browsing the site archives by month.

おすすめ映画『地球交響曲 8番』

龍村仁監督作品『地球交響曲(ガイアシンフォニー)8番』、1番から観ているが、その時々に

受ける感動が深くて、一度だけではなく何度も観たくなってしまう映画。

この第8番は、★心に樹を植える、★樹の精霊に出会う、★樹の精霊の歌を聴く…を各テーマに

描かれている。1月24日によみうり大手町ホールで宮沢明子と共演したヴァイオリニストの

中澤きみ子さん、ヴァイオリンドクターの中澤宗幸さんが出演。ガイアシンフォニーを観た後は

私たちの住む地球をいつくしみ愛し、ずっと住み続けられる環境を守りどう生きていけば

いいのか、いつも考えさせられる。

上映会などの情報はhttp://gaiasymphony.com/ をごらんください。

 

「心こめて1」オーディオアクセサリー誌の特選盤に

RPLA18101

宮沢明子のCD『With All My Heart 1 心こめて1』が『オーディオアクセサリー春号』で特選盤に

推薦されました。選者は藤岡誠氏、冒頭の1音を聴いた瞬間に特選盤への選出を決めた…とあり

とてもうれしくなりました。というのもこのサティのグノシエンヌ1番は収録の第1曲目で、

特にリハーサルをするでもなくいきなり弾き始め、聴き惚れて気がつくと弾き終わっていた。

プロデューサーのうれしそうな顔。「ふつうはこの状態になるまでに2~3時間かかるんだよ。

1曲目からこんな演奏するなんて」。即OKが出る。もう一度弾いたけれど、この演奏に決定した。

CD第二弾のクレメンティやスカルラッティもどれだけ練習したのだろうというほど

熱がこもっていた。来月の編集会議でどの曲をけずることになるのか心配…1枚のCDには

収まらないくらいに時間がオーバー! 2枚組にするわけにもいかないし。結果は来月にご報告します。

おすすめ舞台『ペリクリーズ』 加藤健一事務所

2月19日からカトケンこと加藤健一事務所の設立35周年記念公演『ペリクリーズ』が上演される。

この数年、日程が調整できず観に行けなかったが今回はぜひ下北沢に行かなくちゃ。

シェイクスピア作『ペリクリーズ』(訳/小田島雄志、演出/鵜山仁)、カトケンはツロの

領主のペリクリーズ役、ほかに山崎清介、田代隆秀、加藤忍などが出演。

部隊の楽しさを教えてくれたのがカトケン、悲劇あり喜劇ありのこれまでの舞台で、人間の愚かさ、

せつなさ、素晴らしさを感じさせてくれる。生きるってつらくて悲しいことも多いけれど

それでも前向きに生きていくしかない。愛と知恵と勇気と希望を持っていれば、

どこかにいるはずの強力な応援団が必要な時に私たちに力を与えてくれる!!

私も強力な応援団の登場を待っているひとりです。

公演スケジュールはカトケンのHPでご確認ください。

http://homepage2.nifty.com/katoken

 

 

With All My Heart 2 順調に収録中

CCI20150204_0000

宮沢明子のCD第二弾の収録2日目、ピアノのコンディションが時間によって変化する。

「今はこの状態にあった曲を弾く…」

初日からピアノと対話しながら弾いていくと、いつの間にかピアノが寄り添ってくる。

「あなたの表現したい音を引き出してください! 全力で尽くします」…

そう言っているかのように、寒さで凍えそうな表現になったり爽やかさを感じる音だったり、

教会の鐘の音のように鳴り響いていたり、さまざまな要求に必死で応えようとしている。

「少し休ませて…」というピアノの声に休憩しているうちにピアノが生き返り、さらに進化!

こんな音にもなるんだとライヴのすごさを実感。ピアノ、調律師、ピアニスト、プロデューサー、エンジニアの

強力な信頼関係とお互いへの尊敬の念が生み出す作品は今後も続く予感。

今回のバロック集、スカルラッティが言葉では語れないほど素晴らしく12曲がすべて色も香りも違います。

早くみなさんに聴いていただきたいです。