ローズプラネット

音楽会・美術展・個展企画 東京都武蔵野市

閑話休題:16~リオオリンピック開幕&広島平和記念式典

Exif_JPEG_PICTURE

8月6日、広島に原子爆弾が投下されたその日に、リオオリンピック開幕となりました。

平和の祭典と言われるオリンピックも、国家がらみのドーピングなど問題は多々ある

ようですが、選手のみなさんには日頃の練習の成果を発揮してほしいものです。

今日6日(広島)、9日(長崎)に原子爆弾が投下され、15日に終戦を迎えた日本。

8月は私たち日本人にとっては鎮魂の月、亡くなった方々への祈りとともに

今も戦争状態の中東やアフリカ諸国など地球上で苦しむ多くの人々の力になれるように

生きていきたいものです。

 

閑話休題:15~行先違いのエスカレーターにのってしまったら

Exif_JPEG_PICTURE仲良しだった友達との別れ

 

何でも話し合える友達というのは得難いものですが、心変わり?

というか感覚の違い、ズレはつきあうほどに出てくるものです。

子どもの頃の友達と違って、社会に出てからの友達は人生観や好みが違って

当たり前のところから始まるので、お互いの結婚相手や職場の立場などが変化するにつれて

気持ちも揺れてくるものです。30歳くらいの時につきあっていた友人とは本当に

いろいろなことを話していましたが、ある時期からズレが出てきて、悩んだことがあります。

いつも隣にいる(心がです)のが当たり前と思っていたのに…。

 

先輩にアドバイスされて自分と相手とは今までは同じ速度のエスカレーターだったかも

しれないけど、これからは違うスピードで違う階に行くエスカレーターに乗っているのよと。

生まれてくるのもあの世に帰るのも自分ひとり、その途中で仲間と思える人と出会わせて

もらっただけで、これからが本当の人生ですよと。相手には相手のスピードと課題があるので

相手の修行を邪魔しないようにとも言われて、不本意だったことを覚えています。

なかなか納得できませんでしたが、次第に相手と自分の人生のシナリオは違うという

当たり前のことに気づき、納得できたのでした。長かった~! その後も同質と思いたい、

同じ感覚だと信じたい自分との格闘がありましたが、ようやく「人は人、自分は自分」

と思えるようになりました。昨日まで隣にいた人との心の距離が離れることは寂しいですが

これを進歩・成長だと思って楽しくサヨナラ言えるようになりました。

 

未成熟な私とつきあってくださって、今までありがとう! お幸せに!

ほどよい距離感でおつきあいすることはなかなか大変ですが、出会いも別れもあるのが人生。

何があっても感謝とともにおつきあいしていきたいものです。

 

閑話休題:14~イメージ書き換え&試聴コーナー更新

Exif_JPEG_PICTURE

真夏日になったり梅雨明けしたと思ったら気温がグ~ンと下がって、今日は半袖では寒い

くらいです。日曜日から連日、東京でも震度3ほどの地震があり、いよいよくる?

などと考えてしまいそうですが、地震を引き寄せてはいけないので『なしなし…来ない』

『来ても軽くすみますように』とイメージを書き換えました。

***************************************

スピリチュアルレッスンで触れた罪悪感…私は子どもの頃に食べるということに抵抗があって、

生きるためには食べるしかなく、他者の命(肉も魚介類も野菜も命がある)と考えると、

食べていましたがなんだかモヤモヤしていました。払拭できたのはUFO研究で有名な

アダムスキーの『宇宙哲学』という本の中で見つけた『レタスはあなたに食べられることで

あなたの人生を経験する』というもの。ようやく「あぁ、食べてもいいんだ。レタスが私の

体を体験してくれるんだ」と、心に刺さったままのちいさなトゲを抜くことができたのでした。

今は本当においしくほぼ何でもいただいています。人それぞれの人生、それぞれのお悩み、

哀しみ、罪悪感、許せないことなど数え切れないほどありますが、第三者が取ってくれる

わけではありません。自分で取るしかないのです。きっと、キュウリを切っているとき?

カレーを煮込んでいるとき? 歯磨きしているとき?に、あッ! と気づくことでしょう。

あぁ、そうか、そうなんだねって(^_-)-☆

『心こめて』のCDを聴きながら天啓が開かれるのもありかな(*^-^*)

閑話休題:13~参議院選挙&都知事選の行方は?

7月10日は参議院議員選挙投票日そして都知事選候補の表明?

Exif_JPEG_PICTURE

明日は投票日、今後の日本がどうなるのか? きっとそんなには変化がないと思いますが、

イギリスのEU離脱の国民投票のようにならないためにも(まさか離脱になると思わずに

離脱に一票を投じた人もいるとか)、投票したいものです。

でも正直に言って、誰がなっても同じという思いはありますよね。私もそのひとりですが、

今回は早々と期日前投票をしてきました。10日は用事が入ってしまったので、すいてるし

このシステムはいいですね。次は都知事選、いったい誰が…なるのかよりも、誰が立候補?

参議院選挙後に立候補表明をする方たちが多いと聞きます。どんな顔ぶれになるのか

楽しみです。これからはいろいろなことが明らかになっていく世の中だといわれています。

もう隠せない、隠しても見つかってしまう時代なのだとか。

インターネットが発達した今、当然といえば当然のことですが、怖がらずに知りたいことを

知って正しく判断していきたいものです。『自分の心に嘘をつかず、正直に生きる』を

実践中ですが、友人からは『片目をつぶることも大事』などと言われている私です。

たしかに直球だけで生きると、うまくかわすことができずにデッドボールの連続でしたが…。

不惑の歳(かなり前のこと)から、少しは変化球にも対応できるようになったつもりですが

クセというのは曲者(くせもの)みたいです。みなさんのクセはどんなものですか?

クセにとらわれずに笑顔でハッピーを引き寄せましょうね。

 

 

閑話休題:12~バングラデシュ・テロ襲撃犠牲者の志

Exif_JPEG_PICTURE 

痛ましい事件で人の役に立ちたいと願い実践していた方々が大勢亡くなり、あらためて

テロを煽るものをなくしていかなければと感じます。

たとえ敵対するものを抹殺したとしても、犠牲となった方々の「人のために…」と願った思いと

これまでの行動は消すことができません。テロ襲撃犯は裕福な家庭に育ち高学歴だとか。

自分も他者の命も大切にして、自分の行動が社会にどう生かせるのか

還元できる方法を学んでほしかったです。

犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

 

 

閑話休題:11~イギリスのEU離脱、今後の行方

Exif_JPEG_PICTURE

イギリスのEU離脱で世界経済はリーマンショック以来の衝撃。

急激に円高が進み株価も暴落しているとか。

目先のことに一喜一憂していても仕方がないことですが排他的になっていくことだけは

避けたいものです。個人の判断でできることとは違って、チームで活動するということは

家族、職場、地域社会から市町村、そして国家となると、判断は全員一致とはいかないはず。

その状況の中から選び従うしかないようです。それがベストかどうかはわからないですが。

私たちにできることは、日常で自分のできることを地道に行動するだけ。

音楽が心をいやしてくれることを願っています。

閑話休題:10~脳科学者・中野信子先生流でCD売上げ拡大、できたらいいなぁ

RPLA18102

あの脳科学者の中野信子先生がスーパーマーケットのチラシ作成のアドバイスをして、その結果…

売上げが108%になったということでした。番組全部を見ていたわけではないのですが

チラシに掲載する商品の数を少なくするとか、アンダードッグ(負け犬)作戦を使って

『仕入れすぎて困っているので買ってください…』『買ってもらえないとクビになる』とか

『妻にボコボコにされる』など、弱みを見せるというもの。困っている人に同情するという

心理が働いて、売上げ効果があるそうです。むむっ! これを使ってCD売上げアップできたらなぁ。

「With All My Heart 心こめて1&2」がミリオンセラーになったら、第3弾CDを録音・

発売できるのに! 中野先生は『値段は担当者に相談してね』と伝えるといいとか、

ローズプラネットなら『特典はご相談に応じます、メールでお問い合わせを!』にしようかな。

最新脳科学の研究を参考に、売上げ倍増を目指して営業に走り回っている担当者でした。

閑話休題:9~『With All My Heart』、意外なところで聴きました!

RPLA18101

ず~っとドタキャンばかりしていたかかりつけの歯医者さんに、ようやく行くことができました。

ドアを開けて、???、クラシック音楽の有線放送を入れたのかしら? 今までの曲ではないわ!

というより、これってピアソラの曲じゃないの? ポカ~ンとしている先生がニッコリ。

「いい曲ですよねぇ、落ち着くんですよ、治療室にも合うんですよ、心が洗われるというか…」

もう、ちょっと古いですが『びっくりぽん』でした。でも本当に違和感なくなじんでいました。

いい演奏ですもの、もっともっと多くの方に聴いていただきたいCDですね。

 

閑話休題:8~演奏と性格、人格・品格は別! 残るのは演奏のみ?

Exif_JPEG_PICTURE

アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリの伝記を読んだときに「演奏には特別なことを

期待しておきながら、彼に日常生活には普通を求めるのは間違いだ」と著者が語っていました。

でも、やはり日本に住んでいれば『常識』を忘れてほしくないと思うのも事実です。

チェリストのデュプレのことを知ったのは彼女が亡くなってからでした。バレンボイムや

ズビン・メータ、パールマンたちとの演奏のドキュメンタリーを見て(聴いて)、すごい才能の

持ち主だと唖然としたものです。膠原病でチェロが弾けなくなり私生活ではそれこそ非常識に

生きたようです。彼女の兄弟がデュプレを語った映画は見る気になれませんでしたが

天才とその他(近くにいる者)はつらい思いを感じるはず。デュプレの非常識を知っても

その演奏に対するいとおしさは変わらない。特にエルガーのチェロコンチェルトは

彼女の演奏を聴いてしまうと、もうほかのチェリストの演奏ではもの足りなくなって

昔は音楽会から帰ると彼女の演奏で聴き直しをしたくなったものです。最近は演奏される

機会が少ないのかな。先日『徹子の部屋』にチェリストの宮田大さんが出演、あれだけの技術が

ある方なので、もっともっと心をわしづかみにするような演奏を聴かせてほしいです。

これからの演奏活動を楽しみにしています。

 

 

 

閑話休題:7~シューマン『献呈』に思いをはせて~

Exif_JPEG_PICTURE

新月と満月に更新している試聴コーナー、今回はシューマンの献呈です。シューマンの曲の中では

人気のある曲ですね。かつてNHKのFMの番組で『大作曲家の時代』?というものがありました。

45年以上前のことになるかもしれません。私が聴いていたころはちょうどシューマンを取り上げていました。

シューマンの晩年の曲に「これはダメ…ライン河に身投げしてしまいそう」と思うことがよくありました。

危険な音楽、危険なにおいを感じてしまいました。交響的練習曲など深くて重い? 彼のメランコリックな

感情が伝わってきそうでした。そんなふうに聴いていたせいか(初めて聴く曲が多かったせいなのか)、

いろいろな発見があったように思います。最近のクラシック音楽番組を聴いても(見ても)、あまり感動や

発見がないのはなぜなんだろうと思ってしまいます。聴く環境も時代のニーズも変化しているので

番組制作に関わる側のリサーチもあるのでしょうけれど。特殊な『天才!』『神童』というドラマティックに

インパクトがないと視聴率を取れない、面白くない企画だから期待しない(見ない、聴かない)という

悪循環に陥っているように感じます。自分で発見した演奏家を自分の部屋で好みの再生機で聴く…

配信でダウンロードして聴くことのほうが楽しいと。クラシック音楽離れ・CD離れというよりは

企画力の低下が招いている結果なのかもしれませんね。