アーティスト紹介 宮沢明子・堀越千秋・水谷昇雅 | 株式会社ローズプラネット 東京都武蔵野市

アーティスト紹介

宮沢明子

宮沢明子 Meiko Miyazawa

神奈川県生まれ。ピアニストだった母の手ほどきを受ける。
 横須賀清泉女学院でピアニストだったスペイン人修道女、マドレ・カルメン・ぺニアに師事。1961年渡米し、エール大学音楽部、ジュリアード音楽院で学ぶ。
 63年ジュネーブ国際コンクール入賞、64年ヴィオッティ国際コンクール金賞一席、ニューヨーク市にて、故ケネディ大統領の追悼コンサートのソリストに選ばれる。78~79年、『ピアノのおけいこ』(NHK教育テレビ)で好評を博す。心の琴線に触れる演奏家と、ますます高く評価されている。

堀越千秋 Tiaki Horikosi

東京都生まれ。東京芸術大学油画専攻修了。1976年、スペイン政府給費留学生としてスペインに渡る。世界各地で個展を開く。CD武満徹全集(小学館)装画で経済産業大臣賞受賞。ロンダ市カンテコンクールで名誉賞を受賞した彼が歌うカンテは胸に迫るものがある。小島章司フラメンコ舞踊団公演の舞台美術を多く手がける。
 埼玉県山中に窯を開き、作陶も。『絵に描けないスペイン』『赤土色のスペイン』など著書も多い。作家の逢坂剛さん、若林雅人さん、石井奏碧さんとのギター共演で、CD『わが腸(はらわた)のソレア』(ミディレコード)も発売。現在、全日空機内誌『翼の王国』表紙絵を連載中。
 第1・3回の音楽会チラシに作品を使用

堀越千秋
水谷 昇雅

水谷 昇雅 Norimasa Mizutani

愛知県生まれ。1980年、創形美術学校版画科卒業、81年、版画研究課程修了。89年、日本版画協会展協会賞受賞、翌年には星襄一賞受賞。95年、国際蔵書票展、および各地で個展・国際交流展。
 2009年、第6回ノヴォシビルスク国際現代美術ビエンナーレ展。2010年、イタリア+日本『伝統と改革』現代版画展、プリントザウルスクリスマス小品展。2011年、版の方法論#6木版編「バンコクと名古屋から」展、ベルギー&日本―当世版画交流展(京都)。ロシアのプーシキン美術館、国立モスクワ東洋美術館、カリニングラードギャラリー、リトアニア国立美術館などに作品収蔵。
 日本美術家連盟会員、日本版画協会会員、名古屋芸術大学非常勤講師、文房堂アートスクール銅版画講座講師。
 第2・4回の音楽会チラシに作品を使用